他の犬に食べ物を与えてはいけない?|犬@散歩マナー

他の犬にオヤツを与えると嫌われるってホント?

お散歩中のしつけのアイテムとして、オヤツを持ち歩いている方も、多いと思います。

 

もしかして「毎日持って歩いてるよ!」という、しつけに熱心な方もいるかもしれませんね!?

 

ですが、愛犬にオヤツをあげようと思ったその時、近くに他の犬がいたら?あなたはその犬にも、オヤツをあげますか?

 

オヤツをあげてほしくないその理由

その犬の飼い主さんと親しくしている間柄であれば、連れている犬に食べ物を与えても、さほど問題はないかもしれません。

 

ですが、あまり良く知らない犬に、いきなりオヤツを与えることは避けたいです。食べ物をもらえば、犬は喜ぶかもしれませんが、飼い主さんが迷惑に感じてしまうからです。

 

もしその犬にオヤツをあげたいと思ったら、まず飼い主さんに聞いて、許可をもらういましょう。飼い主さんと親しい間柄だとしても、いきなり食べ物をあげるのではなく、かならず確認をするようにしてください。
確認が必要な理由がいくつかありますので、以下で説明しますね。

 

犬に持病がある場合

もしその犬がアレルギーや病気を持っていたら?

特定の食べ物にアレルギーがあるなどして、決められた食事しか与えてはいけないと、お医者様から言われている可能性もあります。

 

それを、飼い主さんの許可なしに、自分勝手な判断で犬におやつを与えてしまえば、そのことで重大な症状が出たり、病状が悪化したりするかもしれません。これまでの治療や努力が台無しになることもあるのです。

 

食事内容に気をつけている飼い主さんの場合

愛犬の体重コントロール(ダイエット)のため、食事内容に気をつけている飼い主さんもいます。

 

犬の健康を考えて、与える食事の量や内容、おやつの量などをきちんと管理しているのに、それを妨げることになるのですね。

 

犬は、運動では痩せられないため、食事で調整するしかありません。計算外のところで、余計にオヤツをもらってしまうと、毎日のドッグフードを減らさなくてはいけなくなります。そういった苦労にも、気づいてあげるようにしましょう。

 

しつけをしている場合

犬と飼い主さんの主従関係が、まだしっかり確立されていない場合、他人が犬に食べ物を与えることで、飼い主さんと犬とのそれまでの関係性を崩してしまう可能性が出てきます。

 

厳しくしつける飼い主さんより、甘やかしてくれる他人の方へ、犬がなびくことがあるのですね。

 

結果、しつけを妨害することになりますので、犬が可愛いからといって、不用意に食べ物を与えるのはやめましょう。

 

オヤツをあげないでと断られたら?

もしオヤツをあげないでほしいと断られた場合でも、自分の犬にだけ食べ物を与えるようなことはしないでください。相手の犬の目の前でオヤツを与えるのは、あまりに思いやりに欠けた行為だからです。もし
犬同士が一緒に遊んでいるなら、その犬と別れたあとにオヤツを与えるようにしましょう。

 

犬同士が気持ち良く遊べるように、飼い主さん同士のコミュニケーションも大事にできるといいですね。

 

勝手に犬にエサをあげないで!と思う心理 〜管理人の体験談〜

私もお散歩中に、顔見知り程度のお散歩仲間から、勝手に犬にオヤツを与えられ、嫌な思いをしたことがあります。うちの犬は、ダイエットしているわけでも、食事療法しているわけでも、しつけ中というわけでもありません。ただ、他人が自分の愛犬に、勝手に食べ物を与えることに対して、違和感があったのです。(+_+)

 

なにより、愛犬にオヤツを与えてもらう理由が見つかりません。うちの犬を可愛いと思ってくれたからなのでしょうが、犬がオヤツをくれる人を覚えて、毎回おねだりするようになったら、それこそ困ってしまうのです。

 

また、他人からホイホイ、おやつをもらうクセをつけてしまうのは、防犯上においても、あまり好ましいことではないと感じます。(・・;)

 

一方で、愛犬に食べ物を与えてほしい人もいます。犬と仲良くなってもらうことで、双方にメリットがある場合です。犬を可愛がってくれる近所の子供たちやトリマーさん、獣医さんなどですね。その場合でも、飼い主である私から、その方たちにオヤツを直接渡して、犬にあげてもらうようにしています。

 

親しくしているお友だちの犬には、特に、オヤツは不要ではないでしょうか。オヤツをあげなくたって、犬と仲良くなることはできますから。(*^。^*)

 

犬にオヤツをあげようとする方は、もしかして、その辺を勘違いなさっているのかもしれませんね。^^;

 

≪スポンサードリンク≫