発情期(ヒート中)のお散歩どうする?|犬@散歩マナー

ヒートって何?発情期はお散歩に行かない方がいい?

メス犬は、生後10ヶ月くらいまでに最初の発情(生理)がやってくるのをご存知ですか?

 

その後、6ヶ月周期で年に2回の生理を繰り返すのですが、この生理が発情のサインです。一般的これを「ヒート」ともいいます。

 

“オス犬に盛りがついた” などと言われることがありますが、厳密には、オス犬に発情期があるわけではなく、メスのヒートに反応して、オスが発情するのです。

 

ヒート中のお散歩、どうする?

ヒート中のメス犬について、お散歩をさせるかさせないかは賛否両論です。
ただ、オス犬に付きまとわれる危険性を考えたら、お散歩はできるだけ控えた方がいいでしょう。
そうとわかっていながらも、やはり散歩をさせてあげたいと考えてしまうのが、飼い主の気持ちだと思います。

 

ヒートのこと、ちゃんと理解してる?

メス犬の飼い主さんが犬の習性を十分に理解して、その上で散歩に連れ出すというなら、トラブルになりにくいかもしれません。ですが実際には、まわりがオス犬だらけの状況にもかかわらず、「うちの犬、生理中みたいで・・・」と言いながらも、いつも通り、普通に散歩させてしまう飼い主さんに出会うことが少なくありません。

 

ヒートが原因となる様々なトラブルがある一方で、ヒートや発情に関しての認識が低い現状に、正直驚いてしまいます。(+_+)

 

ヒート中は、普段のお散歩以上に、気を使うべき時期です。それなのに、発情に対してなんの認識も、危機感もないとしたら、それは自らトラブルを引き寄せるようなものです。^^;

 

ヒート中にメス犬を散歩に連れ出すなら・・・

もし、ヒート中のメス犬を散歩に連れ出したいと考えるなら、できるだけオス犬と会わないような工夫が必要になってきます。

 

例えば、散歩の時間帯をずらす、といったことができますよね。通常、朝・夕方の時間帯にお散歩をさせる人が多いですから、昼間の時間帯に変えると、雄犬に出会う確率も減らせます。また、家のまわりだけ短時間でサッとすませる、自宅の庭で運動させる程度にとどめる、といったこともできるでしょう。

 

その間、不便を強いられると思いますが、ヒート中のメスは、想像以上に強い匂いを発していますので、トラブルを引き寄せないためにも、細心の注意を払ってお散歩をさせるように心がけたいものです。

 

オス犬の立場でヒートを考える

オスの立場に立ってみると、これほど残酷なことはありません。なぜなら、どんなにメスに近づいても、子孫を残そうとする本能を満たすことができないからです。オス犬にとって、それは拷問に近いといっても過言ではありません。

 

例えば、お腹がすいているのに、目の前の食事をずっとお預けにされる、といった状況を考えてみてください。この食事に、永遠にありつけないとしたら?あまりに苦しすぎる状況ですよね。発情期のメスが目の前にいるのに、手も足も出せない状況は、空腹を満たせないことと同じくらい耐え難いことなのです。

 

お散歩中でヒート中のメス犬に出会ったら・・・

オス犬がたくさんいる場所に、ヒート中のメス犬を平然と連れてくる飼い主さんがいるのは困り者ですが、あれこれ言って解決する問題ではありません。

 

もしお散歩のとき、ヒート中のメス犬に出会ったら、オス犬の飼い主さんはその場をさっと離れることが賢明です。仲が良い飼い主さんだからと、いつまでも立ち話をするようなことは避けましょう。

 

去勢・避妊を考える 〜管理人の体験から〜

私のご近所では、1歳前後の若いうちにメス犬に避妊手術を受けさせるといったケースがとても多いです。はじめから繁殖させる気がない、メス特有の病気予防になる、オス犬につきまとわれたくない、といったことが理由としてあるようです。発情期の不快さを知っている人、犬の健康をしっかり考えている人が、手術を受けさせているといった印象です。

 

逆に、オス犬に関して、去勢手術をしているのは大型犬に多いようです。体格が大きいので手に負えなくなる前に、といった理由かもしれませんが、病気予防の効果も得られるので、いろいろ考えてのことだと思います。小型犬に関しては、積極的に去勢手術をしている方は、あまり多くないようです。わが家でも、去勢手術は受けさせていません。

 

だからと言って、メス犬が手術をすればいい、と言っているのではありません。各ご家庭でいろいろな考え方、事情がありますので、ご家族の中で話し合って決めればいいことだと思います。小型犬のオスで去勢するケースが少ないのは、暴れても想像の範囲内であるし、力で抑えられるサイズであることなど、特に困ることが少ないからかもしれません。ただし、脱走グゼがある犬の場合には、去勢手術をしておくと安心でしょう。(+_+)

 

≪スポンサードリンク≫