ノーリードの問題点|犬@散歩マナー

ノーリードの問題点

公共の場でのノーリードはNG!

許可されていない公共の場所でのノーリードが、問題になっているのをご存知ですか?

 

一般的に犬をノーリードで遊ばせたいと思えば、ドッグランなどに連れて行き、設置されている柵の中で自由に走らせることができます。

 

ただ残念なことに、許可されていない場所(公園など)で犬をノーリードにしてしまうマナー違反の方があとを絶ちません。

 

公園は、子供たちが遊ぶのはもちろん、地域住民の方の憩いの場です。犬連れ以外の利用者がいるということを忘れてはいけません。自分は犬を遊ばせるという目的で訪れていても、そうでない目的の人もたくさんいるのです。

 

「うちの犬は言うことをよく聞くから大丈夫」は、ただの過信

「うちの犬は言うことをよく聞くから大丈夫」「おとなしいから大丈夫」とばかりに、犬をノーリードにして散歩をさせている人をよく見かけます。でも本当に大丈夫なのでしょうか?

 

もし犬をノーリードにさせていて、何かの拍子に犬が他人にケガをさせてしまったらどうしますか?ちょっと飛びついただけでも、小さなお子さんなら転んでケガをするかもしれません。そうなると「うちの犬は悪くない!」なんて言い分は通りません。何か起これば、公共の場で犬をノーリードにしていた飼い主さんの責任となるのは当然のことなのです。

 

もし公園などで犬を思いっきり走らせたいのなら、長さの調節が容易にできるロングリードを使用するなど、なにかのときにはすぐに犬を制御できる対策を取る必要があります。

 

ノーリードは、なぜダメなのか?

なぜ犬をノーリードにしてはダメなのか?ちょっと考えればすぐにわかりますよね。お散歩中にすれ違う人がみんな、犬好きとは限らないからです。どんなに小さくて可愛いらしい子犬であっても、嫌いな人はとことん嫌いなのです。

 

ノーリードでなくても、犬とすれ違うだけで恐怖を感じる人もいます。ただでさえ犬が苦手なのに、「繋がれていない犬が自分の方に来るかもしれない・・・」と想像して、恐怖に感じる人がいることを、しっかり認識することが大切です。

 

車のドライバーから見ても、ノーリードの犬は危険な存在です。きちんとリードをしている犬でも、急に車道に飛び出してくるのではないか?とビクビクもの・・・ですよね。それがノーリードであれば、尚更不安に感じると思います。飼い主さんは、愛犬を危険にさらしているという自覚を持たなくてはなりません。

 

リードから手を離すことも迷惑行為

リードから手を離して犬を自由にさせている人も、最近よく見かけます。これもノーリードと同じくらい迷惑きわまりない行為です。散歩中に出会った仲の良い犬同士を遊ばせる目的で、リードから手を離してしまうことが多いようです。

 

しかし、相手の犬がおとなしそうだから、自分の犬はフレンドリーだから、というのも過信といえます。犬同士の相性が悪ければケンカとなり、ひどい場合には相手の命まで奪うことさえあるのです。

 

「よく言うことを聞く犬だから大丈夫」、その思い込み自体が人に迷惑をかけています。どんなに訓練されていても、犬は犬。すべて人の思い通りにはいかないのです。そんな謙虚な気持ちを持ち続けることが、大事なのではないでしょうか。

 

リードは、愛犬の命綱!

お散歩中はリードでしっかり愛犬を管理!

「リードは愛犬の命綱」です。これは大げさでもなんでもありません。リードは愛犬の命を守るために必要不可欠なものです。

 

例えば、リードをしていれば、散歩中の拾い食いを防ぐことができます。他の犬のフンを食べることによって、病気を拾ってしまう危険性がありますが、犬の行動をリードで制御することで、そういった危険から愛犬を守ることができるのです。最近では、わざと毒入りのエサを撒くような人もいるので、注意をするに越したことは有りません。

 

ほかにも、猫などに気を取られた犬がいきなり道路に飛び出し、交通事故に遭うといった危険もあります。リードをしっかり握っていれば、愛犬の突発的な行動にすぐ気づくことができますので、制御することも容易ですよね。

 

リードは、犬の命を守るために存在しています。犬をお散歩に連れ出す際には、手からリードが離れないようにしっかり固定して、あらゆる危険から愛犬の身を守ってあげてください。

 

≪スポンサードリンク≫