愛犬のためのノミ・マダニ対策|犬@散歩マナー

愛犬の健康ためにノミ・マダニ対策をしておこう!

ノミがついた犬

外にいる時間が長い犬や、お散歩が大好き!草むらに入るのも大好き!という犬の場合、とくに気をつけたいのがノミやダニの被害です。

 

ノミ・ダニは、犬の皮膚に張りついて血液を吸い、これが皮膚炎や貧血の原因となります。これはその犬だけの問題ではなく、犬についてきたノミ・ダニが人や、同居している他の犬猫などにもうつって、被害を大きくしてしまう危険があります。

 

ノミ・ダニは予防することができますので、心配な方は、かかりつけの動物病院で相談するか、あるいは、ペット用品店などでも、ノミ・ダニの駆除・予防剤を購入することができます。ノミ・ダニを寄せ付けないという首輪やシャンプーなども、予防の効果があるようです。

 

お散歩で会った他の犬や飼い主さんにノミをうつして、迷惑をかけたしりないよう、日頃からノミ・ダニ対策をしておくことは、大事なマナーといえるでしょう。

 

もしノミを見つけたら?

ノミ・ダニの駆除は動物病院が安心!

もし、犬の体についたノミを見つけたら?

指や爪でつぶしてはいけません。つぶした際に卵が飛び散って、余計に広がってしまう恐れがあるからです。

 

また、ノミの中にいる寄生虫から、人などに感染が広まる恐れもあります。安全に駆除するには、獣医さんにお願いするのが確実です。

 

また、専用の駆除薬を使ったり、駆除成分の入ったのみ取りシャンプーで洗ったり、目の細かいクシですいてあげることも効果的です。ノミ取り用のクシが市販されていますので、そちらを利用してもいいでしょう。

 

日頃からのチェックで早期発見!

ノミ・ダニがいるかどうかは、パッと見ただけではわからないかもしれませんが、普段から犬の状態をよく観察していると、早い段階で、気づいてあげることができます。やたら痒がっているそぶりを見せるようなら、きちんとチェックしてあげましょう。毎日ブラッシングしてあげることも、早期発見につながります。

 

すでに皮膚炎などのアレルギー症状が出てしまっていたり、ご自身できちんと駆除できなかった場合、状況を悪化させないためにも、速やかに動物病院で診てもらうことをおすすめします。

 

ノミの大量発生で大騒動! 〜管理人の体験談〜

実は、わが家でも、ノミでひと騒動ありました。
室内犬ですし、お散歩では草むらへ入らないと決めていたので、まぁ大丈夫だろう・・・ということで、ノミ・ダニの対策は何もしていなかったのです。

 

ところが、ある夏(H21年)、ついにノミを拾ってきてしまいました。
愛犬のおでこから鼻先にかけて、ツーっと移動しているノミを発見してしまったのです。
大慌てで、専用のノミ取りクシで梳いたり、シャンプーをしたり、市販の駆除剤を使ったりして、できる限りノミを取り除く努力をしたものの、完全に駆除できず。

 

最終的には、動物病院で、専用の駆除剤を処方してもらい、完全駆除できましたが、ノミに刺された愛犬の皮膚は、可愛そうなほど赤くなっているし、痒そうだし、こうなる前にちゃんとした予防をしてあげなかったことを、悔やんだのでした。それからは、毎年欠かさず、ノミ・マダニ対策をしています。

 

獣医さんによると、野良猫が、ノミをまき散らしていることが多いとのこと。草むらだけでなく、アスファルトの道路上にも落していくようなので、油断は禁物です。お散歩で外へ連れ出す以上、ノミ・ダニ対策は必須と考えた方がいいでしょう。

 

≪スポンサードリンク≫