毎日のお散歩だからこそ考えたい犬のしつけ|犬@散歩マナー

毎日のお散歩だからこそ、犬のしつけを考えよう!

愛犬と歩く毎日のお散歩ですが、実は危険がいっぱいなのをご存知ですか?

 

「犬をトイレに連れ出すだけの短い時間だから、大丈夫」と思われるかもしれませんが、一歩まちがえると、他人に多大な迷惑をかけてしまったり、愛犬が思いがけない事故に遭うかもしれません。

 

このようなリスクを回避するためにも、犬のしつけについて、考え直してみませんか?

 

お散歩中にひそんでいる危険とは?

お散歩中でよく起きるアクシデントについて、考えたことがありますか?

 

たとえば、犬同士がすれ違いざまにケンカになる、落ちているモノを拾い食いする、ネコを追いかけ道路に飛び出し交通事故に遭う・・・、など。お散歩って、ご自身が考えている以上に、こういった危険がひそんでいるものなんです。

 

すれ違う人に、すでに危害を加えているかもしれない?

お散歩中、あなたはすれ違う人たちに、どれだけの配慮をしていますか?

 

もし、犬を自由に歩かせていた場合、曲がり角で鉢合わせした人はどう思うか、考えたことがあるでしょうか?いきなりヌっと犬が現れる予測不可能な事態に、ドキっとしますよね。相手がご年配の方なら、驚いて転倒し怪我を負わせてしまうかもしれません。

 

お菓子やボールなど、犬が興味を示しそうなモノを持っている子供が、近くを通りかかった場合はどうでしょう?犬がいきなり子供に飛びつくことがあるかもしれません。そこまでしなくとも、吠えて要求し相手を怖がらせたり、嫌な思いをさせることだってあるのです。

 

犬が歩くだけで迷惑?

家の外に一歩出れば、いろいろな人に出会います。犬が嫌いな人、犬アレルギーを持った人、年配の方や小さなお子さん、妊婦さんなど・・・。犬を飼っているとつい忘れがちですが、世の中には、犬を怖いと思ったり、苦手に感じる人がたくさんいるのです。

 

実際に、飼い主が犬を制御できていない状況というのは、犬嫌いな人にとって恐怖そのものです。公の場で、犬を自由にさせていること自体が迷惑なのですね。そのことを飼い主はしっかり認識し、しかるべき対策をとる必要があります。つまり、犬のしつけです。

 

散歩に必要なしつけって、どんなしつけ?

犬のしつけというと、「おすわり」「まて」などのコマンドを覚えさせることだと、勘違している方も多いのですが、それは、「芸達者な犬」なだけで、「しつけのできた犬」ではありません。

 

本来のしつけとは、犬が喜んで飼い主に従いたくなる「服従心」を育て、主従関係を築くことです。どんな状況であっても、人間社会のルールを守れるように導いていくことが、飼い主の責任になります。

 

つまり、オヤツがもらえる時だけ言うことを聞くレベルでは、イザという時、まったく意味を成さないのですね。(+_+)

 

お散歩で、最低限必要になってくるのは、リーダーウォークという、犬に先を歩かせない(リードを引っ張らせない)しつけです。

 

人より一歩下がった位置に、犬を従えて歩けるようになると、いざという時、犬のコントロールが、とても簡単になります。その結果、人の迷惑になる行動が防げますし、お散歩中のあらゆる危険から、犬を守ることができるようになるのです。

 

もし今、あなたが、愛犬に犬に引っ張られるようにして散歩をしているなら、ご近所の方から、「怖いから、できるだけそばへ近づきたくない!」と思われている可能性が、とても高いです。(+_+)
犬を飼っている私でも、そう思うのですから、犬がキライな人にとっては、相当な恐怖感ですね。^^;

 

犬を脇に従えて歩けるようになれば、お散歩でヘトヘトに疲れることもなくなります。
ご近所の方に迷惑をかけないためにも、今日からリーダーシップのとれる正しいしつけを始めていきましょう。

 

≪スポンサードリンク≫