狂犬病予防接種も大事なマナー|犬@散歩マナー

狂犬病予防接種も大事なマナー。忘れずに!

注射をする犬

年に1度の狂犬病予防接種、忘れずに受けていますか?

 

すでにご存知だと思いますが、日本では、飼い犬への狂犬病予防接種が義務づけられています。犬を飼ったら、予防接種を受けさせることは当然のことと思われている方が多いでしょうか。

 

ですが、最近では、狂犬病ワクチンの接種率が低迷しているようなのです。これはちょっと信じがたい事実ですね。^^;

 

今現在、日本に狂犬病は存在していないと言われています。普段の生活の中でも、狂犬病の話題が出ることはほとんどありませんしね。

 

それだけ身近な病気ではありませんので、「予防接種なんてする必要ない!」という個人の勝手な判断で、予防注射を受けさせない飼い主が増えてきているのかもしれません・・・。(+_+)

 

狂犬病は、発症後はほぼ100%死亡する恐ろしい病気

しかし、全世界では、毎年、狂犬病による死者が5万人以上出ています。
日本のように、予防が徹底されていない流行地域・国も多いため、海外から輸入されてきた動物が、狂犬病ウイルスに感染している可能性は、大いにあるのですね。(+_+)

 

狂犬病に感染する動物は、哺乳類全般ですが、犬とは限らないため、感染経路がいろいろ考えられます。 どこからどう広まるかわからないのです。(;´▽`A``

 

そして、狂犬病が怖いのは、発症後はほぼ100%死亡する、治療法のない恐ろしい病気だ!ということ。

 

日本に狂犬病の発症者が存在していない点をふまえると、感染の危険性は低いといえるかもしれません。
・・・とはいえ可能性はゼロではなく、発症すれば死に至る重大な病気だからこそ、狂犬病の予防接種が義務づけられているのです。

 

※飼い犬を登録していない、または、予防接種を受けさせていない飼い主は、20万円以下の罰金の対象になります。

 

犬を飼ったら、毎年かならず狂犬病の予防接種を!

犬を飼ったら、必ずお住まいの自治体に登録申請をして、鑑札の交付を受けるようにしましょう。
狂犬病の予防接種を受けたら、注射済票を犬の首輪などに装着してあげてください。

 

狂犬病予防接種は、犬を飼う上で最低限必要なマナーでもありますので、もしまだ受けていない場合には、早急に受けるようにしましょう。

 

≪スポンサードリンク≫